2015年1月26日月曜日

ナショナルデータベース(NDB)活用の現況と今後 第3回(全3回)

3. NDBのさらなる利用拡大に向けた取り組み

 第2回に続いて、NDB活用の実績を見てきましたが、今後はどのような展開が期待されるのでしょうか。本節では、NDBの利用拡大に向けた動きについて取り上げます。

2015年1月19日月曜日

ナショナルデータベース(NDB)活用の現況と今後 第2回(全3回)

2. NDBを活用した研究成果の事例

 第1回に続いて、NDBを活用した研究成果としては既に多くの報告書や学術論文などが公表されており※5、そのうちいくつかは実際の政策立案等の場面で活用され始めています。ここでは、その研究目的の視点から下記の4つに分類していくつかの成果をご紹介します。

2015年1月13日火曜日

ナショナルデータベース(NDB)活用の現況と今後 第1回(全3回)

 近年、ビッグデータの活用が一種のブームとなっており、医療分野においても各種活用が進められています。ビッグデータの定義は様々ですが、医療分野のビッグデータとしては、厚生労働省が整備してきたナショナルデータベース (以下、NDB)も含まれるのではないでしょうか。

 NDBとは、国が保有するサーバに格納されたレセプト情報・特定健診等のデータベースを指し、その規模は平成26年2月末時点でレセプト情報が72億件、特定健診等情報は約9,000万件に上ります※1。